視力アップ 立体視

視力アップ 立体視の第一人者徳永先生の視力アップ方法

視力アップ 立体視

立体視ってご存じですか?

はい。あの、より目みたいにして幾何学模様をじっと見ていると
絵の中に、文字や形が浮き出るように見えるやつです。

それと、似たような2枚の写真をじっと見ていると
奥行きがあるように見える、あれです。

この立体視が、視力回復に効果があるという話を
あなたも聞いたことがあると思います。

しかし

「視力回復するのに、立体視だけでは効果がありません」

と視力アップ 立体視法を開発した徳永貴久氏は語ります。

「耳から視力回復させるのが徳永式です。」


この人は何を言っているんだろう?
私は、そう思って視力アップ 立体視法公式ホームページを見てみました。

>>視力アップ 立体視法公式ホームページを見てみる<<
視力アップ 立体視
立体視で視力が回復するというのは
いろいろな書籍やホームページで紹介されているので
効果があるんだろうと思っていました。

私も、立体視で視力が回復するという本を持っています。

しかし、視力アップ 立体視法公式ホームページを読んでみて納得。
確かに、立体視だけで視力が回復するはずはありません。

実は、徳永貴久氏は立体視の本を何冊も監修しているのです。
確かに、立体視は視力回復にある程度の貢献をします。
でも、それだけでは足りないのです。
その立体視の第一人者徳永貴久氏が、自らその理論を解説しています。


立体視は、目にとっていい効果はあるかもしれませんが
それが視力回復にまで及ばないのです。

>>立体視では視力回復できないわけを見てみる<<
視力アップ 立体視

それにしても「耳から視力回復」とは?

それも、視力アップ 立体視法公式ホームページを読んでみて納得。

視力回復のためには、眼球の周りの筋肉を鍛えなければなりません。
これは、どの視力回復法でも言われていること。
どこでも共通していると言うことは普遍的な原理原則なのでしょう。
視力アップ 立体視
しかし、その具体的な方法がわかりません。

視力回復のプログラムを試しても
「効果が上がらない」「だまされた」「詐欺」などの
がっかりした評判があとをたたないのはそのせいでしょう。

原理原則はわかっていても
自分自身が、そのプログラムの通りに
眼球筋をリラックスさせつつ鍛えることができるかどうか
なかなか難しい。続けることができない。

そこで徳永貴久氏が考案したのが
「耳から視力回復」する方法です。
視力アップ 立体視
別に、不思議な理屈ではありません。
これまで、画面の印を目で追ったり
道具を使って視点を意識的に移動させたりしていた方法に
「耳からの指示」を加えたのです。


これなら、耳からの刺激によって集中力が持続し
やったのかどうか自分でもわからないことがなく
1日10分という短時間で効果的な訓練ができます。

まさに、目から鱗・・・あ、耳でした(笑)
視力アップ 立体視

◆視力が急に落ちたと悩んでいる方

◆長い間メガネやコンタクトで煩わしさを感じている方

◆レーシック手術を検討しているが迷っている方

◆子どもが視力検査で要検査となった方

そして

◆これまで、いろいろと視力回復法を試してきた方にも
この視力アップ 立体視法は
期待の持てるプログラムだと思います。
視力アップ 立体視
視力アップ 立体視法公式ホームページでは
たくさんの人の体験談がのっています。
その数には、本当に圧倒されました。

奇をてらった目新しい方法ではなく
原理原則をどう効果的に視力回復に向けたのか
それが徳永式とその他の視力回復法のちがいなのでしょう。
体験談の数はそれを証明しています。

いかがでしょう?
まずは、公式ホームページで
徳永貴久氏の視力回復への考え方を見てみることをお薦め致します。



視力アップ 立体視



視力回復については、毛様体のはたらきについても
調べないといけませんね。

視力キープの必須アイテム

徳永先生の視力アップ法をやっていても
視力がなかなかアップしない場合もあります。

それは、普段の生活で眼を酷使しすぎている場合です。




普段の生活で、目を酷使しすぎる場面とはどんな場合があるでしょうか?
きっと、多くの人が思いあたりがないはずです。

目を酷使しているときは、本人は全く気がつかない場合が多いのです。
いわゆる無意識という状態です。

最近、話題になっているのは、テレビやパソコンの画面からでる
ブルーライト
と呼ばれる、青く見える波長の光がよくないということです。

ブルーライトは、眼球にはいると過剰な刺激を網膜や神経に与えるために
ブルーライトを浴び続けることは、眼にとってよくないことなのです。

しかし

私たちは、テレビやパソコンの画面を見続けてしまいます。

そうしないと、仕事にならない人もいることでしょう。

そして

それは、別にふつうのことなので、液晶画面を見続けることに
なんの罪悪感も感じないのです。

ですから、今日も、明日も、私たちはブルーライトを眼の中に入れているのです。

このブルーライトをカットするための専用眼鏡があります。
この眼鏡をかけてパソコンの作業をし
テレビの番組をみるだけで
無意識のうちに、視力を守ることができます。




ブルーライトカット眼鏡を手に入れて
徳永先生の視力アップとともに
ブルーライトカット眼鏡で視力キープに努めましょう。

ブルーライトカット眼鏡の注文はこちら>>クリック


 

サイトマップ

血圧コントロール戸瀬恭子不登校解決松本光正DMM FX口座開設
サプリ